2010年12月14日

天才コレクション2010。

ダイナマイト関西2010fourth@中野サンプラザ

5456820_901181504_80large.jpg

私の中でベストだった、2006年@NGKを超えたexclamation×2


お題もほぼハズレなし。
回答も全般的によかったし。
もちろん、演者のパフォーマンスはいわずもがな。
全部が全部、うまいこと歯車が噛み合った、奇跡のような時間だった。

それについては、浅越さんのまわしが素晴らしかったのもあるかなぁ。
何の不安もなく見てられたし。100点。
ここの役割はやっぱり重要なんですな。
おにーちゃん、精進してくれー(←期待)。
あ、でも清水さんもみたいんだよな。

続きを読む
posted by sumire at 23:51| Comment(0) | 笑 (LIVE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

クリスマスキャロル的な何か。

黴菌、観てきました。
ことしの観劇はコレで最後かな。


人の描き方やディテールは、ホント、ど真ん中。

とにかく、仲村トオルさんがよかった。
あのさじ加減はなんだろう。 絶妙。

楽しみにしてた北村一輝さん
所作キレイ!舞台映えします。フェロモン全開。
今回のキャラはわりと女の本能つっつく系(個人的に)だけど…もっと深く掘り下げた、イヤラシイ役も見たい。
そんな、いい意味での
「えー、コレで終わり?」感(笑)。お預け?

あと、高橋惠子さんがとにかく美しかった!色香。
きものって素晴らしい(それだけじゃ勿論ないけど)。

生瀬さんやら山崎さんやら小松さんやら、お馴染み面々(ナイロン2Topは言わずもがな)は、完全に安心しきって観てた。

あと、美術さんのセンスというか趣味、いいなぁ。
衣装とかも100点です。

ケラmadeなのに、「やさしいおはなし」じゃないのに(…)、観賞後意外とやさしいきもちで帰ってこれたのは、この季節ならではなのかしら。
posted by sumire at 22:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

やさしさに包まれたなら。

宮田和弥 presents SLOWCAMP 2010 December@下北沢440

101205_2235_01.jpg

こないだのバンドツアーは体調不良が重なり、折角とれてた恵比寿に行けずじまい。

春以来、ひさびさ(と言っても2回目)のスロキャン。
そして数度目のtryではじめて取れた440。

はじめて行ったときに感じた、あのなんとも言えない、穏やかなやさしい空気がたまらなくいとおしくて。
やっと地元で行けたー!!って感動ったらないよね。

今日はしょっぱなから和弥の表情がごきげんでやわらかくて。
それって音にも如実に反映されるもんなのね。
楽器の音もだけど、声もすごくやさしくて。
あんな、なつかしい毛布みたいな、あったかい空気って。

トミーの太鼓がしっかり土台を支えてくれてるから…っていうのももちろんあるけど。
あの3人のバランスがほんと絶妙。音も存在感も。
個人的には、この組み合わせが、いま和弥で聴けるなかではいちばんすきだったり。

最後の最後の『スローバラード』まで、440に流れていた空気は、抱きしめてくれてるみたいにあったかかった。

いやー…しあわせだ。うん。
こんなにしあわせしあわせ言うこともきっとそんなにないと思うけど。

また440に来れたらいいなぁ。
posted by sumire at 23:58| Comment(0) | 音 (LIVE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。