2010年01月09日

初音。

ことしのライヴはじめは、大・大・大好きな名古屋Electric Lady Landで。
宮田和弥 BAND de TOUR。初日。

1386295714_63.jpg

和弥のサイトで知った瞬間に行くのを決めた。
ほんとはことしの名古屋はじめはBBのライヴのつもりだった。
でも。
蹴っ飛ばしちゃったあせあせ(飛び散る汗)

そしてそして。
バンドメンバーにakkinが参加することを知った。
どんだけ心が躍ったことか。
ココロのなかでどんだけ雄叫びをあげたことか(マジ)。
とにかくこの日が来るのが楽しみで楽しみで。
こどもみたいに指折り数えてた。

ことし一発めのライヴが和弥で本当によかった。
まっさらなココロに音のcrayonが染まってく。
知らない曲もたくさんあったけど、ひとつひとつのことばが、音が、ぎゅんぎゅん突き刺さる。
あたらしいバンドが奏でる音の波にふわふわ漂ってるのがここちよくて。

そして、楽しそうに気持ち良さそうにうたっている和弥をみて、そんだけでしあわせだった。
和弥をみてて、akkinの存在がどんだけおっきいのかもあらためて思い知った。

和弥のことばからいっぱいいっぱい背中を押してもらった。
『タイミング』
てのも、少なからずあるんと思うんだけど。

去年最後にみた、和弥のカレンダーのことば。
あまりにどんぴしゃなタイミングで笑っちゃった。
そーだよね、って。
それでいろんな荷物を2009年に置いてこれたんだよ。

最後にふわっと手をタッチしてくれた、ひんやりした指。
あのやさしい感触は忘れない。

ふわっとおっきな懐かしいチカラに包まれたような、そんなライヴ。
posted by sumire at 23:25| Comment(2) | 音 (LIVE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
そして行動を共にしていただいて、たいへんありがとうございました♪
ジェット関係のライブ初めがBBでなく"和弥&あっきん"であったこと、そして名古屋ELLであったこと。
なんだか勝手に(笑)意味深げに感じてしまいました。
ご本人もDIARYに書いておられましたが、あの温かい雰囲気は忘れられません。
改めて、彼らに出逢えててよかったなぁ。
全てのライブに足を運ぶ・・・とまではできませんが、今後もゆっくり応援していけたらいいなぁと、ふんわりと思っています。
Posted by muca at 2010年01月14日 22:24
mucaさま

随分とレスが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
だいすきなellで、あんな素敵なライヴがライヴ初めなんて、運がよかった!と思います。
何かを越えた和弥がそこにはいて、そこに立ち合えたことがしあわせで。

暫くはこの優しい時間と空間を忘れずにいたいな…と思います。
行き当たりばったり名古屋で、ホントすみませんでした。
Posted by sumire at 2010年01月31日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。