2011年09月10日

おねーさーん!!

ロックロックこんにちは ver.15 ANNIVERSARY 怪人十五少年反抗機舞洲スポーツアイランド


仕事の予定が変わって、行けることがわかった瞬間、衝動のまま突っ走ってしまいました。

おんなじことが起きたTokyo Ska Jamboreeは、既にバスが完売し断念したので、
今回は同じまちがいは起こさない!と(笑)。

早起きして新幹線。車中ではずっとOT。富士山も観れたし。

現地に到着したのは開演ギリギリ。間に合ってよかった!!

110910_1206%7E01.jpg 110910_1204%7E01.jpg

陽射しがむっちゃ痛くて、ビール買いに並んでたときは、まじで焦げると思いました。
でも、湿度がないし、海風がくるから、日陰に入るとかなり過ごしやすく。
お目当てまではひたすら体力温存。

そんでも、ステージが近くて、音はクリアに聴こえるから、何の問題もなかったなぁ。

んで、民生さん
丘の上の特等席を確保!
ホントあそこいい場所だった。
ただひとつの難点…暑かった。

110910_1658%7E01.jpg

セトリがまたね。

御免ライダーとか。快楽ギターとか。

「あつくるしい」とか「(あまりの暑さに、対客席に)だいじょうぶ?」とか「選曲まちがえた」とか言ってたけど。

いやいやいや、と ん で も な い !!!!!!!!!!

ステージ観てて、あのMCきいてて、そして自分と風景と民生(とdetroit7)の生みだす音が一体化して。シンクロして。

民生をつくるすべてがだいすきだーーーー!!!!!!!!!って、心の底から思いました。叫びたかった、ほんと。

最後のイージューが、なんであんなにキモチいいんだろー、ってくらい、むっちゃしあわせで。
これだけで、 「あー、ほんと、来てよかった」と思いました。

たぶん、あのときに間違いなくいちばん焦げたんだとは思うけど。んでもよかった。
UniのOTもすきなんだけど、ソロは格別だ〜♪


あとは、
ナオト・インティライミが予想外に楽しかったのと、
YO-KINGさんCHABOさんときの夕陽がものすごいきれいで、
110910_1802%7E01.jpg
反対の空には月がでてて、海の風はきもちよくて、
そんなすべてが音と重なって、ほんとどーしようかと思ったのと、
吉井さんのときに聴けると思わなかったイエモンの曲が聴けたのと、
なかでもLOVE LOVE SHOW with OTがものすごい熱だったのと。

そしてオーガナイザーのSPITZ
あの、澄みきったラムネにひとさじの毒が加わったような、あのカンジ。
涙がキラリ☆とか、不死身のビーナスとか、チェリーとか。生で聴けると思ってなかったしね。
繊細だと思っていた声質が、意外なまでに太くてしっかり芯があることがわかったのも、大きな収穫。
水彩絵の具とか、色えんぴつとかの色みたいな。
浴衣とか、風鈴とか、花火とか。
どのバンドもこんな空気出せないでしょ。

帰りのバスに向かってるときに、地響きみたいな音がして。
音の方向をみたら、花火!!
あんな目の前で打ちあがるのはじめて見た。
なんであんなに高揚感があるんだろう。そしてなんであんなに切なくなるんだろう。

いや、ほんとに。
すべてがハッピーでいっぱいだったロックロックこんにちは。
こころから行ってよかった!!と思いました。

年イチで野外フェス行っとくべきだね。
posted by sumire at 23:30| Comment(0) | FES / EVENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。