2011年09月18日

One Night Carnival。

氣志團Presents 極東Rock'n'Roll High School「ドキッ!丸ごとバナナ 男だらけの吹奏大会」@Zepp Tokyo

氣志團 VS 東京スカパラダイスオーケストラ!!


この企画を知ったとき、
「お も し ろ そ う」
ただそれだけで行こう!!と決めてしまった。

家を出る前、明らかに熱があり、最後までもつかなー、と思ったものの。
前情報で、「ゲスト先攻/ホスト後攻」 と聞いていたので、とりあえずいけるとこまでいこう、と決め、出発。

整理番号入場にかろうじて間に合う。


やや上手のオッキー正面が、私の特等席。
でもここは、大森さん・谷中さんもいる激戦区。
そんなポジションも無事に確保。

KISSESの皆さんの様式美がスバラシイ。
見ただけで愛が伝わるもんね、女子も男子も。
前の方にいるとこーゆーのもわかって嬉しい。


んで、開校。
SEのI SPYはアタマのねじをぶっ飛ばす魔法の曲。

Boogie Stop Shuffleで幕開け。
GAMOさんVer.しか聴いたことないんだけど。
テナーの音が艶っつやしてるんですよ、いやほんとに。
どーだっ!!!、と言わんばかりのオラオラプレイ。
World Ska Symphony Tourのときの「この俺が!」MCがよみがえってきた。
この1曲だけで瞬殺。

そのあとは、なんかひたすら目がカトーを追っかけてたカンジ。
ルパンにしても、STORM RIDERにしても、カトーの煽りにうまいこと乗せられてる。躍らされてる。
でもそんな、「カトーの手のひらの上」状態が心底キモチイイ!!!
煽りかたが美しい。様になってる。
私のなかでいちばん、「The 煽り」をしてくれるひと。
しかも、その煽りをプレイでもできちゃう!!ってのがさらにポイント倍増。

いつになくNARGOさんがワルイ笑みを浮かべていたのがすごい印象的。
こーゆー部分がないと、やっぱりあのトランペットは聴けないんだな。
いちばんすきなのは、TIN TIN DEOの冒頭のソロなんだけど。
(次点 5days of TEQUILAの中盤ソロ、The Look of Loveのミュート)
ルパンのソロとかもだいすきで。
やっぱ、トランペットは花形です。

兄貴の貫禄を見せてたのはやっぱり谷中さん。
この日の谷中さんはオトナの余裕を体現してた。
たたずまいがもう。
陽の兄貴が谷中さんなら、陰の兄貴は川上さんだな。
この人のおかげで、安心して踊っていられる。
あのひとは「スカパラの屋台骨」だよ、ほんと。
そんなところがまたかっこいいんだな。

ポジション的に欣ちゃんがあんまり見えなかったんだけど。
アウェイでもあのしゃべりは健在!!
話してるとき、唄ってるときの、日だまりみたいな包容力と、
ドラミング時のあの鋭い目の落差がやばい。

演奏時の鋭さでいったら、北原さんもか。
ことしは北原さん関係いろんなの行ったけど、あの鋭い目と動きはスカパラでしか見れないんだな。
どれもすきなんだけど、やっぱりスカパラのときの北原さんがいちばんすきだ。
そう実感した。
この日はいつにもまして研ぎすまされてた感があったな。

大森さんはこの日もクールだった。
透きとおった固い氷みたいだった。
あの冷静さが、川上さんとは別のところで、スカパラをささえていると思う。
あのパーカッションがなければスカパラじゃないもん!!

んで、オッキー

この日はずっと座って演奏してることが多くて、ただ、表情はスイッチ入ってたカンジがすごいしてて。
極論を言ってしまうと、 「キレッキレのオッキーを観るために」あの場所に行くわけなのであって。
もうね、この日の水琴窟はヤバかった。
いままで聴いた水琴窟のなかでいちばん圧がすごかった。
これを拝めただけで、「ごちそうさまです!!」ってなるくらい。
GAMOさんとの対決のとこは、オッキー完勝だったと思う。
いくらオッキー贔屓とはいえ、こう思うのって珍しい。

それで、5days of TEQUILA!!
いつか絶対生で聴きたい…と願い続けていた、大大大好きな曲。
私のなかではこれがいちばんのアゲ曲で、すべての要素がとにかくクル。
ここいちばん気合い!!って時に絶対聴いてる。
数あるカトー曲のなかでもいちばん好き。
いっこだけ残念だったのは、NARGOソロがあんまり聴こえなかったとこかな。
あそこがいちばんすきなのに!!
でも、それを差し引いても大満足です。

そんなカンジで、最後のPride of Lionsが終わるころには、完全に抜け殻状態。


氣志團のときはうしろでゆっくりじっくり観させていただきました。

観てて思ったのは…阿部ショーのソウル。
茶番とかも含めて。
曲も演奏もすっごいかっこいいのに。
パラパラ的な何かや、自虐的なMCも含めて、一貫したあの姿勢。
Theエンターティナー。
TVショー的にはそれはダメなのかもしれないけど、ライブバンドとしては一級品。
見せかたも含めて、あの売り方は素直にスバラシイと思った。
あと、翔やんの声なら、きっと演歌も様になる、と思った。

「俺たちにはこの曲しかない」って、One Night Carnivalのとき言ってたけど。
「誰もが知ってて、みんなが歌える曲がある」ってことは、本当にすごいことで。
1曲でもそーゆー曲をもってるってだけで無敵なんだよ。

とゆーことを思いながら結局最後までなんとかもちました。
ライブのあとのビールはなんであんなに美味いんじゃろ。

ナタリー記事 コチラ

5456820_1326709089_212large.jpg
posted by sumire at 23:30| Comment(0) | FES / EVENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。