2012年08月19日

絶対あの入道雲の中にはラピュタがあるんだな。

SETSTOCK'12 -10th Anniversary in Bihoku-国営備北丘陵公園

たのしみにしてたTokyo Ska Jamboreeがある気配がなく(結局中止…)。
ことしの夏はどこのフェスに行こうかさんざん悩んだ末たどりついたのは。

『民生とスカパラが一緒に出る』セトスト。

3年前、はじめてスカパラを見たのも、『Unicornとスカパラが一緒に出る』フェス(これは音楽と髭達2009 “Way”)だったとゆー。
動機なんてこんなもん。

セトストを選んだのは、このフェスの雰囲気がとてもよかったから、というのもあって。

2009年に来たときは、民生様のおかげで奇跡的に晴れた(広島市内は前日から豪雨・翌日は会場も雨)とゆー想い出があったのですが。
なんとなーーくのどかな平和な感じがすっごくここちよかったのを憶えていて。
ほかにも、単純に広島がすきだから、とゆー理由もあり。
とりわけ宮島に行きたかったのが大きいかなぁ。
あと、アメトーーク!の『広島カープ芸人』の影響もあるかな。

この日は朝から晴れていたのですが…前日トリのRADWINPSのときに雷雨で一時中断になったみたいで、油断ならず。
何よりも油断ならないのは、TSPOの雨男さん
奥田さん(=大トリ)のときは絶対降らないという確信があったけど、わりと早めの時間のスカパラは…と結構恐れて。

さて、広島駅からバスに揺られて2時間弱。
到着。

IMG_0521.jpg


会場入ってすぐに神楽殿へ電大を観に。

こないだのツアーはスカパラと重なりまくって行けなかったので、その分ものすごく楽しみにしてた。
ただ、このあとの時間帯のEast Stageでスカパラさんが待っているため、どこまで観れるんだろか…と思ったのも正直なところ。
なので、神楽殿のエリア内に入らず、見えるギリギリの場所で観ることに。
なーんも予習らしい予習をしてなかったけど(←ひどい)、ちゃんと楽しめた。
なにより、姿がほとんど見れなかった川西さんのドラミングにいちばんカラダが反応してたことに驚いた(なお、EBIさんテシさんは姿が見えている)。
長年の間にカラダに染みついているんだなぁ…と思うとちょっと感慨深い。
そうこうしているうちに、最後まで観ることができた!!

そこでTwitterをチラ見。
川上さんのこのツイを見て愕然。。。

たしかに、「あれ、曇ってきたな…」とは思ってたのですが。
正直「ま じ す か」と。

いや、気のせいだ。気のせいに違いない。。。
そう自分に言い聞かせ、落ち着くために(?)缶ビール1本開ける。

proxy-1.jpg

気を取り直し、East Stageに戻り、スカパラさんを待つ。
ビニールシート上で待機してたら…気のせいかぽつぽつ、と。
「お願い、欣ちゃん頑張って(←何様)」と、天気がもつことだけ祈りつつ。

兄さん方登場。
非ホーンズのみ登場。ということは…あの曲から。
《セトリ》
1.Return Of Supercharger

2.Down Beat Stomp

3.めくれたオレンジ(Vo.欣ちゃん)

4.Ska Me Crazy

5.ペドラーズ

6.天国と地獄(CAN CAN)

7.ルパン三世’78

8.White Light

9.All Good Ska is ONE

めくオレと真ん中にペドラーズが来たこと以外は想定内。
初スカパラだった音髭のときも、わかりやすいアゲ曲とすこーんと抜けた夏の空みたいな(?)曲だったキオク。
※ちなみに、そのときもダウビー・スカミー・ルパン・White Lightはやっていた(当時は曲名もルパン以外わからない…)。

やっぱり夏空のしたでのスカパラは爽快!
気持ちよくってずっとPAブース横で何も考えず踊ってました。板の上で裸足で。
横をちら見したら原田さんがいたりとか(もちろん、電大のときもお見かけしてましたが)。
こーゆーのも夏フェス特権。

この日特に気持ちよかったのは、めくオレ・天国と地獄・All Good…。
ユーロで演った天国と地獄はすごい楽しみにしてたし、やっぱりソレを裏切らない仕上がり。
谷中さんが最初のMCで
「暑い中ガッツリスーツですがいい仕事しますんで!」
と煽ってくれた通りの展開で、ほくほくふわふわしたままあっとゆー間に終わってしまいました。

あと、(たぶん)地元の若い子たちが、自然発生的にサークルをやってたのを見て、なんだかすごい嬉しかったし、そこかしこで「スカパラたのしかった、かっこよかったね」って声が聞こえてくると、心の中でガッツポーズしてました。

スカパラさんだけで文章お腹いっぱい感がでてきたので、このあとは次記事に書きます。
posted by sumire at 23:50| Comment(0) | FES / EVENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。